40歳、高校教師の転職。

40歳で転職を試みた教師のブログ。内定までの経緯や、教師という仕事への思いなど。

チリも積もれば山となる。

若かかった頃、就きたかった職業。

それは、研究者でした。

 

でも現役時代には、

・自分の詰めの甘さ

・資金不足

によって、叶えることのできなかった夢でした。

 

どうしたら研究者になれるのか。

どうしたら大学院へ行けるのか。

 

社会人になった私が最初に手を付けたことは、

資金をつくること、でした。

 

ボーナスにはいっさい手を付けず、

そのまま貯金。

そうして、

いつか進学できるようになったときのために、

修士課程2年相当の学費、

そして交通費に充てるための金額を、

コツコツ、貯めました。

 

いま振り返れば、

よくもまあそんな努力ができたものだと、

自分を誇りに思います。